lecturename
  知能プログラム特論
   Advanced Theory of Intelligent Programming
lecturecode
4304
teachers
  白松 俊
実務経験
反映科目
departgrade
  工学研究科博士前期課程 情報工学専攻 1grade
subject
  専門教育科目
credits
1
timetable
  第4クォーター 火曜1-2限
授業形態
講義
purpose

【授業の目的】

ナレッジグラフ/Linked Data/セマンティックWebといった記号処理技術と,自己注意機構 (self-attention mechanism) によりブレイクスルーを遂げた自然言語処理に関する先端研究について調査し,最新研究動向を把握習得する.また,把握した研究動向を参考にして,ナレッジグラフやLinked Open Data (LOD) を用いたシステムを設計・開発する.

【達成目標】

1. 著名国際会議や著名論文誌の最新論文を精読し,state-ot-the-artな技術内容を理解する.

2. データ可視化に関する特別講義を通じ,社会的ニーズに即したデータ活用について理解する.

3. クエリ言語SPARQLを習得し,ナレッジグラフやLODを活用したシステムを試作する.

schedule

第1~3週: LODやナレッジグラフ,自然言語処理等に関する英語論文の輪講

第4週:データ可視化に関する特別講義

第5~8週: LODやオープンデータを題材にしたアイデアソン・ハッカソン

grading method

講義中の課題による評価

grading criterion

講義中の課題の到達度を測り成績を評価

advise

指定された論文資料を精読・理解すること.

textbook
講義中に適時紹介 (英文論文を使用予定)
reference
講義中に適時紹介 (英文論文を使用予定)
officehour

メールにて連絡してください。