授業科目名
  確率
   Probability
時間割番号
5601
担当教員名
  水澤 靖
学科・年次
  工学部第一部(新) 情報工学科
  工学部第一部(新) 創造工学教育課程
  1年次
科目区分
  専門教育科目
単位数
2
時間割
  後期 木曜1-2限
授業の目的・達成目標

授業の目的:『偶然性』は自然科学においても社会科学においても頻繁に現れる。偶然性の関連する様々な現象の中から法則性を抽出、理論化するのが確率論の目的である。確率論は、それらの現象の解析や推測を行う統計学の基本的な道具でもある。この授業では、確率論の基礎を学習する。

達成目標:確率論の数学的基礎を学習し、基本的な計算方法を習得することを目標とする。

授業計画

1~2 準備:順列と組み合わせ、集合
達成目標1:数え上げと集合の基礎事項を理解する。]

3~5 確率の概念:確率空間、条件付き確率、事象の独立性、ベイズの定理
達成目標2:確率の概念と基本的な性質を理解する。]

6~8 確率変数:離散型確率変数、期待値と分散、積率、二項分布、ポアソン分布
達成目標3:確率変数と確率分布の考え方を理解し、基本的な計算方法を習得する。]

中間試験(適宜、適切な時期に行う)

9~10 多次元確率分布:確率変数の独立性、共分散、相関係数
達成目標4:多変数の離散型確率変数と、その基礎事項を理解する。]

11~14 連続型確率変数:密度関数、正規分布、連続型多次元確率分布、大数の法則、中心極限定理
達成目標5:連続型確率分布を理解し、基本的な計算方法を習得する。]

15~16  期末試験と復習

成績評価の方法

中間試験と期末試験で評価する。

成績評価の基準

中間試験と期末試験(各配点100)の総合得点が120点以上ならば合格とする。

履修にあたっての注意事項および教室外における準備学習などの指示

「微分積分Ⅰ及び演習」・「微分積分Ⅱ及び演習」の履修を前提とする。

再履修の場合,再受講免除は受け付けない。授業を再受講すること。

再履修について受講制限する場合がある。 詳しくは学生掲示板または初回授業で説明する。

教科書